排水管の水漏れの応急処置と修理

排水管は台所やトイレ、浴室などで使用した水を屋外に運ぶ役割があります。給水管のように圧力をかけて、使用前のきれいな水が常に流れているわけではなく、傾斜によって排水する仕組みです。給水管より水漏れはしにくいですが、経年劣化やつまりによる水トラブルは起きます。排水管の水漏れの応急処置について解説します。

■排水管で水漏れを発見したときの応急処置

蛇口が開いているときだけ、排水が漏れてくるので、元栓や止水栓を閉めなくても、蛇口を閉めれば、一時的に水漏れを止めることはできます。ただ、つまりが原因の場合は、排水管内の水が完全に無くなるまで、水が漏れてきます。表に見えている排水管なら、バケツや雑巾で水漏れをカバーするか、専用の補修テープでカバーし、応急処置をします。
床下や天井など目に見えない場所にある排水管から水が漏れているなら、止水栓や元栓も止めて、早めに水道 修理業者に連絡してください。カビや腐食などの二次被害に繋がる可能性があります。目に見えない場所の水漏れは、火災保険が適用されるケースがあります。

■水漏れ専用の補修テープによる応急処置

配管の応急処置用の補修テープは数種類あります。自己癒着テープはテープを引っ張り、くっつけることで自己癒着してテーピングができます。接着剤などののりを使用しないため、水のにじみなどに効果的です。テープ面が防水仕様の防水補修テープは、良く伸びるので、排水管のカーブした箇所や細かい部分の補修に便利です。
シリコンゴム製の水道用ラップテープは、排水管の補修で一般的に使用されます。ベタつくことがなく、剥がしたあとも痕が残りません。補修部分が大きいときはシートタイプも水道 修理に使用できます。

■まとめ
水漏れ専用の補修テープは質の違いによって価格はさまざまです。ある程度の価格のテープであれば、にじみなど小さな水漏れに十分対応できます。日常生活に支障がないレベルまで対応できると言えます。ただ、テープが緩むと再発するので、あくまで応急処置として使用し、後から水道 修理業者に任せるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ