排水管の水漏れが疑われる場合の対処法

毎日、炊事や手洗いで水を使用している台所や洗面所は、蛇口や排水管 水漏れが懸念されます。常に排水しているので、排水管の劣化や破損、つまりなどにより、水漏れが発生するリスクに備える必要があります。台所のシンク下、洗面所で排水管から水が漏れている場合の対処法について紹介します。

■台所のシンク下の水漏れの場合

排水管が原因であることを確認したら、まず、故障箇所に水を流さないように水の使用を止めて、専門の修理業者に連絡してください。台所の排水管は野菜くずや油分が溶け込んだ汚れが管に付着しており、水が漏れると悪臭がすることもあるので、ただちに蛇口を閉めます。
台所のシンク下に使用される排水管は、形状や材質によって複数の種類があります。一般家庭の場合は塩ビ管素材を使用した種類が多いです。パイプ本体が破損している場合は、本体自体を交換するケースもあります。水漏れ専用の補修テープもありますが、根本的解決にはならないので、あくまで業者を呼ぶまでの応急処置と考えましょう。

■洗面所の水漏れの場合

洗面台の下から水が漏れている場合は、排水パイプ破損、つまり、パイプクリーニング後の取付け不備などが考えられます。まず、洗面台下の収納扉を開けて、水漏れがないか確認します。濡れていたら拭き取り、パイプを手で触って水が漏れている箇所を確認します。収納庫内で水漏れがなければ、パイプの床側に設置されている排水プレートを持ち上げる、またはネジを外して、洗面台下の床を確認します。
濡れていたら排水ホースが下水管に接続しているかを確認し、接続していれば、排水管のつまりが原因と考えられます。パイプの劣化や破損は自分で交換も可能ですが、点検のためにも専門業者に依頼することをおすすめします。

■まとめ
排水管 水漏れは日頃の心がけで、劣化や破損を防ぐことができます。台所は食べ物のカスや油分が排水口に流れ込み、排水パイプ内に蓄積されます。定期的にパイプクリーナーで汚れを取り除くと良いです。また、熱湯を流すと排水管がダメージを受けるので避けるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ